30代男性が上手く転職するための転職サイト活用法

008
就職して10年くらいになると、自分がやっている仕事にも自信が持てるようになります。

そうなると、もう少し自分の力を試してみたいと思うようになるケースも当然出てきますよネ。

今の自分の待遇に不満がある訳でなくても、もう少し世界を広げたいという思いが強くなる場合もあるでしょう。

そこで、「転職」という言葉が頭をよぎるようになるかもしれません。

また長引く不景気のせいで給与のベースアップはもちろん、ボーナスさえもカットなどと言う会社もたくさんあるでしょう。

今までは倒産しないだけマシだと思って、特に転職を考えていなかった人もいるとは思います。

ただ、最近「人手不足」が強まっているという情報がテレビのニュースなどでも流れるようになってきました。

これを機会に転職しようと思って、求人情報誌や求人サイトなどを見ている人も多くなっているのではないでしょうか。

今の仕事の給与や待遇と比べて、条件の良い会社があれば転職しようと計画している人もいると思います。

30代になると初めての転職を考える場面が増えてくるのではないでしょうか。

私自身は転職も経験していますし、配属現場の採用面接官として数十人の方と面接した経験があります。

そこで今回は自分の経験も踏まえて、そんな30代男性が上手く転職するための転職サイト活用法についてまとめてみましたのでシェアしたいと思います。

転職の方針を決める

転職をしようと考えたら、まずは、「転職の方針」を決めましょう

転職を行う理由の一つとして、今の仕事を変えたいと考えている人は大勢います。

ただほとんどの人が、次はどのような仕事をしたいのかといった転職に関する方針を決めていないのです。

待っていればどこかから良い条件の仕事が降ってくると考えているわけではないのでしょうが、実質それに近い人が多いのです。

転職動機が、今の会社を退職したいという人の場合は、新しい仕事に対する希望が漠然としていても仕方がないかもしれません。

とりあえず条件の良さそうな会社に入社したいというのが偽らぬ心理でしょう。

まずは今の会社を辞めるために転職先を見つけたいというのであれば、確かに次にどんな仕事につきたいかなんて二の次かもしれません。

ただそうすると、ただ順番に提示される求人リストを右から左に眺めるだけになってしまいます。

そのような状況だと、せっかくの会社を見つけても転職がうまくいかない可能性が高くなります

そんな場合は、まずは自分の中での次の会社や仕事に対する優先事項を書き出して見ることをおすすめします。

例えば、考えておいたほうが良いポイントをいくつか例示してみます。

  • 業務内容
  • 給料
  • 休日
  • 通勤にかかる時間や費用
  • 勤務場所
  • 福利厚生

こういった細々とした点が意外と大事になってます。

自分でどこまでなら妥協できるかなども具体的に書いてみましょう。

例えば給料も細かく言うと賞与や昇給の仕組み、退職金のシステムなどもポイントに挙げておいたほうが良い場合だってあるでしょう。

これまで経験のない分野で仕事をしたいというのか、今やっている仕事の専門性をもっと高めたいというのかで、選択肢も全く違ってくるでしょう。

自分が持っているスキルと、これから挑戦したい仕事との間にあるギャップも考えておいた方が良いです

当然、やったことがない仕事は、今の時点では全く想像の世界でしかないのですが、今はインターネットもあるので様々な情報を収集できるはずです。

なので、この時点では情報をしているかどうかよりも、自分が何にこだわっているのか、何がポイントになるのかを書き出すことが非常に重要なのです。

漠然と求人情報に目を通し、ピンとくる仕事はないかと探しているだけでは、納得できる仕事につくことは難しいです。

そういう転職の仕方では運良く新しい会社が見つかったとしても、何らかの原因でまた仕事をやめてしまうことがあります。

仕事に対する自分のこだわりをしっかり分析して整理してみましょう。

こうして「転職の方針」を決めたうえで、求人情報誌や求人サイトを利用して、自分が探している仕事を探します。

求人サイトにはたいてい検索システムがついていますので、休日や給与、勤務場所など絞り込みが可能になっています。

どんな仕事につきたいかを明確にした上で求人情報を閲覧することによって、転職を着実に進めることができるのです。

転職情報サイトの活用法

最近は、数多くの転職情報サイトがあります。

どの転職情報サイトにもある基本的なサービスは求人情報の検索サービスです。

多くの求人情報から、いくつかキーワードを指定して、自分に合いそうな求人情報を抽出できます。

転職情報サイトが提供しているサービスという観点で考えてみると、ある転職情報サイトが一時的に他にはない特徴的なサービスを提供していても、すぐに他のサイトも同じようなサービスを提供するので、実はどのサイトも似たようなサービスになっているのが実情かもしれません。

どちらかというと、求人情報の質的な面で特徴があると考えた方が良いでしょう。

例えば大手の名前の売れた転職情報サイトでは、たくさんの会社の求人情報がそろっています。

一方で、医師や薬剤師に特化した転職サイトとか、ターゲットを限定したサイトも多くあります。

つまりサービスの観点ではどのサイトも似たようなサービスを提供している訳ですが、サイトによって扱っている会社にやや差があるということになります。

そこで効率的な転職活動をするには、いくつかのサイトにまとめて登録するといいでしょう

その際に考慮するのは名前の知れたサイトだけでなく、知名度があまりないところも利用することです。

転職情報サイトでは、数多くの事例を見てきた転職支援の専門家が、経験に基づいて、その人にぴったりの助言をしてもらうこともできます。

履歴書の書き方、面接の前の準備と言った情報も入手できます。

多くの就職活動サイトはこれらのサービスを無料で利用できますので、積極的に使っていきましょう。

転職をうまくやり遂げるためには、積極的に転職情報サイトを活用することがカギになります。

転職情報に登録したら必ず行っておくこと

求人をする企業からすると、自社に要望に合った人材を採用したいと望むわけです。

それは、必ずしも自社の情報を見て応募してくれた人とは限りません。

そこで転職情報サイトでは、サイトに登録している人材を企業が検索して、その検索した人に個別にオファーを行うことが出来るサービスを提供しています。

このサービスは通常、有料のため、使う側からすると是非とも良い人材を取りたいと考えている訳です。

ですので、転職情報サイトに自分の情報を登録する場合は、そういった企業が検索することを考えて登録しましょう。

そして、登録後にどの企業でも検索できるように公開設定しておきましょう。

また今までの職務経歴も、保有している資格なども詳しく書くのはもちろんです。

良くあるのが一度登録したら、そのままというものです。

10年前の情報がそのままだったというケースもありました。

是非、定期的にアップデートしましょう。

積極的に転職するのではなくてもよい条件の会社があった場合には、検討しようかなという人にとっても効率的にできる方法なので、ぜひ活用しましょう。

まとめ

自分の可能性をもっと広げたいという方や不本意な就職をしたという方には「転職」という選択肢があります。

特に30代の男性にとっては、人生の今後を考えるということの一つとして、必ずしも「転職」するということではなく、自分が仕事に対して何を求めているのかを考える一つの時期かもしれません。

そのためにも「転職の方針」をきちんとしておきましょう。

そして転職を行うことを考えたなら、「転職情報サイト」を有効に活用しましょう。

求人情報を見る際には、「転職の方針」を踏まえて選択するようにします。

またたいていの転職情報サイトでは、企業に登録者の情報を検索してもらって個別にオファーする仕組みを用意しています。

そういう検索にうまく活用されるように情報を登録しておきましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP