結婚式のご祝儀の相場とご祝儀袋の書き方

f7a26064cc08265e033258a00bd9573f_s
30代になると、結婚式に呼ばれることが多くなります。

呼ばれる相手は学生時代の友人だったり、会社の同僚だったりします。

また、場合によっては、兄弟や親せきの場合もあるでしょう。

そういう場合に、一番頭を悩ますのが、ご祝儀として
いくら包めばよいのかということでしょう。

そこで、今回は、結婚式のご祝儀の相場と
ご祝儀袋の書き方についてまとめてみました。

ご祝儀の相場

ご祝儀の相場は、大体いくらぐらいでしょうか。

いろいろなところがアンケートを取っているようです。

その結果はというと30代だと大体3万円~5万円という金額のようです。

結婚式の披露宴で提供される食事の相場が、
料理と飲み物で1万5千から2万円程度。

そして、引き出物が5千円程度です。

それを考えると3万円という金額は、
それほど外れていないことが分かります。

調査では20代の前半の場合は2万円という金額も出ています。

確かに会社に入りたての頃はその程度なのですが、
さすがに30代ともなると3万円程度になっています。

偶数は「割れる」、「別れる」を想像させるということから、
結婚式では忌み嫌われますので、お札も奇数枚つつむということで
3万円が多くなった面もあるかと思います。
(5万円というのもそういう奇数から来ているものと思われます。)

そういう点で、2万円を包む場合も、
1万円1枚、5千円2枚にしてつつむケースもあるようです。

一方で、結婚式を挙げる側からすると、上記以外にも
諸々の費用が掛かりますから、内心は5万円ほどもらいたいのが本音でしょう。

とは言え、そもそも結婚の披露は新郎新婦が世話になった方々を呼んで
披露するものです。

本来ご祝儀を当てにするものではないのです。

ただ、呼ばれる方もお祝いを渡すことで、
新郎新婦にあまり負担をかけないようにするという気配りの面があります。

そこで、上記のような相場が出来てきたわけです。

お互いが気配りをした結果として、こういう相場が出来てきていると考えると
相場として言われている金額もなるほどと感じる金額だと思いませんか。

ご祝儀に使うお札

ご祝儀に入れるお札は新札が良いとされています。

それは、新郎新婦の新しい門出を祝うという
意味が込められているからです。

上にも書いたように偶数は「割れる」、「別れる」を想像させるということから、
お札も奇数枚つつむケースが多いようです。

ただ、「2」自体はカップルということで、2万円を包む場合は
あまり気にしないという方も多いです。

相場の話とは少し異なりますが、4や9は「死」や「苦」を
連想させるということで、避けるのが礼儀とされています。

祝儀袋

ご祝儀を渡す場合に、お金をそのまま手渡すことはしません(苦笑

必ず祝儀袋に入れて渡しますが、この祝儀袋にも
いろいろと種類がありますので、選ぶ際には気を付けましょう。

祝儀袋の選び方

祝儀袋につきものが水引といわれる飾りの紐です。

祝儀に使う水引は、赤と白もしくは金と銀のもので、
一度結んだらほどけない、結びなおすことがないという意味を表す
「結びきり」や「あわび結び」のものを選びます。

【結びきり】
d7bcb377fa1a667982b0fcb1631ac371_s

間違っても「蝶結び」のものは選びません。

【蝶結び】
030262

そして祝儀袋はご祝儀の金額に合わせて選びます。

おおむねお祝いの金額の100分の1程度の金額を
目安にするとよいといわれています。

最近はスーパーやコンビニなどでも目安の金額を記載しています。

金額以上に豪華な祝儀袋を選ぶのは避けた方が良いです。

そして、文字は毛筆か黒の筆ペンを使って書きましょう。

表書き

表には「寿」の字の下に「寿」の文字より少し小さな字で名前を書きます。

連名にする場合は、目上の人を右から記載します。

夫婦の場合は、姓を真ん中に書いて、右側に夫左側に妻の名前を書きます。

中袋

1)中袋の表面には金額を漢数字で記載します。

ただし最近は必ずしも漢数字にはこだわらなくても良いようです。

また、円も旧字体ではなく円で良く、
也も書かないのが普通になりつつあるようです。

【数字】
壱・一 / 弐・二 / 参・三 / 四 / 五 /
六 / 七 / 八 / 九 / 拾・十 /
百 / 阡・千 / 満・万

2)中袋の裏面には住所と名前を記載します。

3)お札は、表面を上にしていれます。

最後に、上包みで包みます。

これは、下の折り返しが上になるように包んで、水引に通します。

しかし、お祝いとは言え、結婚式が続くと大変ですネ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP