英語スキルを磨く - 30代男性の可能性を広げる

004
30代で磨いておくべきスキルとして、ここでは英語を上げたいと思います。

英語の重要性については、昔から言い続けられているのですが、
日本人の英語ベタは基本的に昔から変わっていないように見えます。

その大きな理由の一つには、日本語で事足りてしまうことがあげられるでしょう。

普通に仕事をしていくうえで、別に英語のスキルを上げなくても済んでしまう訳です。

なので、社会人の多くが心の底では英語なんて要らないと考えているわけです。

では、なぜここで30台にやっておいたほうが良いこととして
英語のスキルアップをあげるのでしょうか。

それは、自分の可能性を上げるためだと言って過言ではありません。

自分自身の可能性を広げるためお行っても良いかもしれません。

例えば30代は転職を考える時期でもあります。

その時に英語が出来るかどうかで、転職先の選択肢が数倍に広がるのです。

しかも、転職の際の条件が圧倒的に変わることを頭に置いておいてください。

30代になると家族が出来て責任も重くなる時期です。

そこで、自信をもって責任を全うするためにも、英語スキルを磨いていきましょう。

ここでは、仕事が忙しい30代が英語のスキル上げる方法をまとめてみました。

ただし、ここでまとめているのは一つの考え方であって
人によって効果がある無いがあることでしょう。

参考としていただければ幸いです。

英語のスキルアップ

ところで、一口に英語のスキルって何でしょう。

英語は言語です。

言語はコミュニケーションをとるためのものです。

ここでコミュニケーションといっているのは、

相手の意見を理解する
自分の意見を相手に伝える

ということです。

つまり英語でコミュニケーションをとるというのは、

自分の意見を英語で話して伝えたり、英語で文章で書いて伝えること

また英語で話されたり英語で書かれた相手の意見を理解することです。

日本人の大多数が、中学・高校そして大学で英語を学んでいます。

ただ、ここで「学んで」いたのは、文法や単語を覚えることが主でした。

学んだ「文法」や「単語」を実際に使って、
読んだり・書いたり・聞いたり・話したりする
機会は残念ながら少なかったのが事実だと思います。

つまり学んだことを繰り返し練習してスキルとして磨く訓練が足りていないのです。

そこで、社会人として必要なのは英語を学ぶことではなく
訓練することなのです。

ここを間違えているといつまでも
英語が使えるようになりません。

中学英語を復習する

社会人として必要なことは、英語を学ぶことではなくて、
訓練する機会をふやすことだと書きました。

ただ、やはり、学生時代に英語の勉強を怠けてしまっていたという方がいるでしょう。

つまり、そもそも学びが足りていないという方です。

そういう場合は、スキルアップもかねて中学の英語を復習することを
お勧めします。

世間では、多くの中学生向けの英語の参考書が発売されています。

どれでも良いので、3年分の内容を1冊にまとめた参考書を購入してください。

いわゆる総合参考書というものです。

それらの参考書には、たいてい節の最初に「例文」が掲載されています。

そこで、例文をすべて暗記するのです。

その際に、声に出して読むことをお勧めします。

中学英語の参考書の例文を暗記できていれば、「基本」は完成です。

中学英語が終わったら高校英語の復習するぞ!!

待ったーーー!!

中学英語の復習が出来たら、もうアウトプットの練習に移りましょう。

英会話スクールの利用

上に書いてきたように、日本人はそれなりの時間をかけて
英語を学んでインプットしています。

あとは、学んでインプットしたことを
アウトプットする練習をすることが必要なのです。

とはいえ、アウトプットするには、英語で会話できる相手が必要です。

その相手を探す一番簡単な方法はスクールに通うことです。

ここでは、通学する英会話スクールと
今はやりのオンライン形式のスクールについてまとめましょう。

通学形式の英会話スクールの活用する

通学形式の英会話スクールでは、たいていのスクールで、
最初にこちらの英語のスキルを測定してくれて、
そのスキルレベルにあったコースを設定してくれます。

つまり様々なレベルにあったカリキュラムが用意されているのです。

しかも、スクールではある程度一定の英語のスキルレベルを保持した方を
教師として採用することで、スクールとしてのブランドを維持しています。

通学形式の英会話スクールに通うメリットはこのカリキュラムと
講師のレベルでしょう。

一般にこういった英会話スクールでは、テキストを読むのではなく、
会話の練習を行います。

会話を繰り返すことで、アウトプットの訓練が行われるのです。

英語で会話といった瞬間に固まる人も多いかと思います。

英語が出てこないという不安が強いことが原因かと思います。

その場合は、上の中学英語の復習をお勧めします。

ただ、中学英語の復習が済んだら、アウトプットに進みましょう!!

社会人に必要なことは英語の勉強ではありません。

社会人に必要なことは英語のスキルアップなんです。

英語のスクールに通う = 英語のアウトプットの訓練

と考えてくださいネ。

では、英語のスクールに通うデメリット・リスクって何でしょうか。

一番大きいのは、費用ではないでしょうか。

たいていのスクールは費用を前払いすることが多いようです。

しかも、換算すると1レッスンが数千円程度かかる勘定になります。

そこで、費用そのものが賄えないとか
途中でやめてしまったらもったいないという
意識が出てきますよネ。

しかも、会話のアウトプットは、なかなか上達を意識できないものです。

そこで、モチベーションが続かずに、
途中で教室に通わなくなってしまうことも多いと思います。

英語のスクールに通う = 英語のアウトプットの訓練

何度も書きますが、この点をきちんと押さえておきましょう。

オンライン英会話スクールを活用する

最近は英会話スクールに通わなくてもオンラインで会話の訓練を行えるようになってきました。

インターネットにつながるパソコン一台と、マイク付きのヘッドセットがあれば、
簡単に会話ができるのが受けています。

しかも、いつでも予約ができるので、手軽に実践できます

また費用も安いのが売りになっています。

つまり、自分に合わせてスケジュールできる点と、
費用が安いことがオンライン英会話スクールの
大きなメリットになります。

では、オンライン英会話にデメリットはないでしょうか。

大きく3つのデメリットが考えられます。

デメリットの一つ目です。

スケジュールが自由にできるということは、
裏を返せば、授業を受けないことも簡単です。

強い意志が無いといつの間にかレッスンを受けないで
すましてしまっているなんてことになりかねません。

二つ目は、一つ目とある意味関連しますが、
モチベーションが続かないという点です。

対面のスクールでは、なにかモチベーションがわかない場合でも、
休むなら休むで、何らかの連絡を取らなければいけないという意識になるので、
自分を英語に向き合わせる面があります。

オンライン英会話では、個人的なつながりは全くないので、
その辺がどうしても希薄です。

自分を奮い立たせないといけないのです。

これは、オンラインで提供されている、
無料の英語サイトを活用する場合も
同様なケースが出てきます。

そして、講師のレベルとカリキュラムの問題です。

費用が安いということは、裏を返せば、
講師のレベルが必ずしも一定ではありませんし、
カリキュラムも決まったものがないわけです。

なので、ずるずる会話していても、上達感が全く感じられないという
ケースも出てきます。

なので、オンライン英会話スクールを活用する場合は、
モチベーションの維持については、
自己責任で行わなければいけないのだと考えてください。

そういう時は、そもそもなんで英語のスキルアップを考えたのか、
原点をいつも思い出すようにしましょう。

TOEICの対策を行う

TOEICは点数を上げるための受験テクニックとかがあり、
私の経験でも、それらのテクニックは有効です。

逆に言えば、TOEIC対策でTOEICの点数を上げても
英語のスキルアップが出来ないケースも出てきます。

また、TOEICでは、「読むこと」と「聞くこと」を
テストするので、「書くこと」と「話すこと」は
直接テストされません。

では、TOEIC対策が全く意味がないかというと
そうではないと思います。

TOEICのテスト点数を上げるには、時間内に回答する
テクニックが必要になります。

そのためには、ヒアリングにしてもリーディングにしても
ある程度、時間を意識して回答する訓練が必要になります。

このTOEIC対策の訓練は、それなりに英語のスキルアップに
つながってくるのです。

またTOEIC対策のために文法の復習をしたり、
単語を覚えることは、やはり英語のスキルアップには欠かせないことです。

TOEICの対策でインプットを増やしながら、
会話のアウトプットを並行して行っていくことは
非常に有用だと思います。

TOEICの点数はそこそこだけど話せない・書けないという人は
圧倒的に訓練不足というだけ
なので、アウトプットの訓練を
増やすことで、比較的簡単にコミュニケーションが取れるようになります。

まとめ

今回は英語のスキルアップを行うことのすすめと
実際のスキルアップの方法についてお伝えしました。

やはり30代の男性にとっては、これからのキャリアプランのためにも
英語のスキルアップは必須です。

というよりも英語のスキルアップによって、キャリアの幅が大きく広がるのだと
知ってください。

そしてその英語のスキルアップのためには、今回は3つの方法を
お伝えしました。

まずは、中学の英語を復習することです。

そのために中学英語の総合参考書を購入して
例文を暗記することをお伝えしています。

最低限のインプットをした後は、アウトプットの訓練です。

アウトプットの訓練には、英会話スクールに通うことが
一つの選択肢になります。

その際のポイントは、

英語のスクールに通う = 英語のアウトプットの訓練

を意識することでした。

また、どうしても費用がネックになるケースがあるので、
最近はオンライン英会話スクールを活用する方法があることもお伝えしています。

フレキシブルに授業を設定できるので、自分にあったスケジューリングが出来ます。

しかし、その反面モチベーションの維持が課題になります。

また、費用が安いことでレッスンを多く受けられるメリットがありますが、
講師のレベルやカリキュラムが品質が一定しないことをあげました。

こういったデメリットを認識して受講することが
オンライン英会話スクールを活用するポイントになります。

最後にTOEIC対策が英語スキルアップに役立つ面があることもお伝えしました。

是非、若いうちに英語のスキルを磨かれることをお勧めします。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP