ダイエットサプリの効果を発揮するために注意すべきポイント

014
30代になると、いつの間にかおなか周りに脂肪が付きだして、
気づいたときはメタボ予備軍だったり、すでに肥満になっていたりします。

時間も大金もない中で、せめてこれ以上太らないようにしたい

そんなことを考える方が多いのではないでしょうか。

でも、実態はどんどん太ってしまうのが実情でしょうか。

そこで、今回はダイエットを手軽にサポートしてくれる
ダイエットサプリについてまとめてみました。

ただ、ダイエットサプリはその働きを知って、
活用しないとうまく効果が発揮されない場合があります。

ダイエットサプリの効果を発揮するための注意すべきポイントを
知って、うまくダイエットに結び付けてくださいネ。

ダイエットの基本的な考え方

ダイエットには、押さえておくべき基本的な考え方があります。

それは、摂取カロリーと消費カロリーの関係です。

基本的に3つのパターンしかありません。

  • 摂取カロリー < 消費カロリー
  • 消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば、基本的に太ることはありません。

  • 摂取カロリー = 消費カロリー
  • 摂取カロリーが消費カロリーと等しければ、基本的に体型は変わりません。

  • 摂取カロリー > 消費カロリー
  • 摂取カロリーが消費カロリーを上回っていれば、当然太り始めます。

    そして余分なカロリーは脂肪として体内に蓄積されていきます。

そうは言っても、一食一食の摂取カロリーや起きて活動している時はおろか
運動している時の消費カロリーなどは普通把握していません。

大人が一日で摂る平均的な摂取カロリーは1800kcal~2200kcalだと言われています。

一方で、生活の中で消費されるカロリーは例えば散歩などでは、
体重60Kgの人なら1時間あたり120kcal程度と言われています。

階段の上がり下りは、体重60Kgの人で1時間あたり300kcal程度だそうです。

実は一日に必要な摂取カロリーとは、一日の平均消費カロリーから来ているわけです。

運動量の多くない人だと60Kgの男性で1739Kcalしか消費しないらしいので、
平均摂取カロリーでも多いかもしれません。

自分の体重や運動のレベルである程度消費カロリーが算定できますので、
摂取目安のカロリー量を把握しておくことが重要ですネ。

ダイエット方法の選択

消費カロリーを増やす

自分でダイエットをしたい人は、結局、摂取カロリーを抑えるか
消費カロリーを増やすことが必要です。

044
消費カロリーを増やすのは、基本的に体を動かす必要があります

適度な運動を行って、消費カロリーを増やすことは
ある意味ダイエットの王道です。

定期的にこの種のダイエット法が人気になるのは、
摂取カロリー以上の運動をすれば必ず結果が伴うからでしょうか。

とは言え、毎日継続して摂取カロリー以上の運動するのは大変です。

また運動することで、ついつい食事を多く摂ってしまい、
結果的に増やした消費カロリー以上に摂取してしまうことが起きたりします。

摂取カロリーを減らす

020
次に、摂取カロリーを減らすことを考えます。

一番極端な例が絶食です。

ある期間、摂取カロリーがゼロになります。

絶食している間は消費したカロリー分、
体内に蓄積した脂肪が消費されることになります。

ただやり方によっては、摂取カロリーを減らす方法は苦痛が伴います。

そこで、どうしても長続きしない場合が多いのです。

特に絶食は命にも関わってきます

そのため置き換えダイエットの様に無理なく摂取カロリーを減らす方法などが、
ダイエット法として人気になるわけです。

摂取カロリーを減らす方法は、ダイエットでは、相当数の種類があります。

例えば、置き換えダイエットなどはまさにその代表例です。

リバウンド

一番の問題は、普段の生活が

摂取カロリー > 消費カロリー

の状態のママ、ダイエットしても、
一時的には痩せたとして、ダイエットをやめた途端に、元に戻ってしまう訳です。

つまりリバウンドです。

リバウンドしないようにするには、ダイエット以前に普段の生活で、

摂取カロリー ≦ 消費カロリー

となる生活習慣を身に付ける必要があります。

ダイエットをしてはリバウンドをしている人に
食生活を改善するようにすすめられるのはそういう理由です。

体脂肪を直接取り除く

039
実は、もう一つダイエットの方法があります。

それは、直接体脂肪に働きかけて分解して体外に排出するというものです。

例えば「脂肪吸引」という方法がその一つです。

また、エステなどで行われる「ダイエットエステ」なども
その一つです。

ただ、これらの方法を時間をかけずに行うには
医療機関やエステサロンでの施術が必要になります。

サプリメントによるダイエット

長期的なダイエットという点では、リバウンドが問題になりますが、
それでも、短期的にダイエットしたいと思うのも人の常でしょう。

結局のところ、「消費カロリーを増やす」か「摂取カロリーを減らす」のが
ダイエットの方法
になります。

そしてもう一つ、ついてしまった「体脂肪を体外に出す」ことが出来れば、
当然ダイエットにつながります。

ただ、運動したり、食生活を改善したり、もしくは施術をしたりと
どれも、それなりに大変です。

特に30代男性にとっては、時間がないというのが本音でしょう。

そうすると、うまくお金をかけて
これ以上太らないようにするを考えざるを得ないでしょう。

かといって、医療機関に行ったり、エステに行くのも
お金の問題から難しいですよね。

CIMG2432
そこで登場するのが、ダイエットサプリメントによるダイエットです。

ただ一口にダイエットサプリメントといっても、
どういう仕組みでダイエットにつながるのかを知っておかないと
効果があまり出ないのです。

そこで、ここでは、タイプ別に
ダイエットサプリメントをみていきましょう。

体脂肪を減らすサプリ

そもそも体脂肪は一度ついたらなかなか取れない代名詞のようなものです。

そこで運動する時間がなかったり、できるだけ体に無理なく痩せたい時には、
体脂肪を減らしたりつきにくくするサプリメントがあるとうれしいですネ。

脂肪を分解して、体内に溜まった老廃物など余分なものを排出するといった
サプリメントが最近多く販売されています。

多くの製品では漢方薬に使われる生薬などが配合されており、
それらが互いに作用を補いながら、
じっくりとお腹の内側の脂肪に働きかけるというものが多いようです。

ただ、脂肪吸引などに比べると、当然効果が発揮されるまでには
時間がかかります

分解して排出される脂肪以上にカロリー摂取が過剰な方には
なかなか効果が現れません。

摂取カロリーを減らすサプリ

一方でからだの水分循環を改善して
便通を促すといった作用をうたうものがあります。

体力があり、便秘がちだという方には向いているサプリメントです。

「便秘がちで何とかしたい」「気になるぽっこりお腹を何とかしたい」
という方にオススメのサプリメントです。

また最近多いのは「キチンキトサン」という、
カニやエビの殻から抽出された動物性の食物繊維が含まれている
サプリメントです。

こちらは、体内の余分な栄養素の排泄を促す効果があるので、
「カロリーの摂取量を減らす」働きが期待される訳です。

こういったサプリメントではダイエット時に不足しがちな
カルシウムや鉄、ビタミンが加えられていることもあります。

単に消費カロリーの減少を促すだけでなく、栄養バランスを
うたっているものが多くなっています。

ただ、これらの「摂取カロリーを減らす」働きをするサプリメントも、
過剰にカロリー摂取をしている方には、なかなか効果が現れません。

なので、こういうサプリを摂取しているのだから、
いっぱい食べても大丈夫と考えて、
普段よりもたくさん食べていては、本末転倒です。

消費カロリーを増やすサプリ

最後に、消費カロリーを増やすタイプを見ていきます。

一時期、有酸素運動がもてはやされていました。

例えばプールで泳ぐことは、水そのものが適度な負荷となり、
陸上での運動に比べて運動量が増え脂肪燃焼効果も上がります

水中では浮く力が発生しますので、脚などへの負担も少なく
安全で効果的なエクササイズということで
今でも人気です。

有酸素運動を行うことで脂肪燃焼効果があるという点がポイントです。

そこで、この「脂肪燃焼をサポートする」サプリが
登場します。

水泳やウォーキングも手軽といえば手軽ですが、
それをさらに手軽に脂肪燃焼するようにサポートするというのが
うたい文句の訳です。

これらのサプリメントは、まさに、「消費カロリーを増やす」ことを
サポートしている
のです。

このタイプのサプリメントの問題点は、
サプリメントを摂取しただけでは役に立たない
ということです。

そもそも「なんらかの脂肪燃焼」をする行為をしている前提で
それをさらに効率化するものだからです。

よく脂肪燃焼系のサプリメントの口コミで
効果がないといわれているのは、そういう意味なのです。

せめてウォーキングなどの「脂肪燃焼を行う」行為をしてください。

なので、ずぼらな方には、このタイプのサプリメントをお勧めしません。(笑

ダイエットサプリのまとめ

ダイエットは、

  • 摂取カロリーを減らす
  • 消費カロリーを増やす
  • 直接体脂肪を分解して排出する

方法のどれかを選ぶことになります。

大金も時間もない30代男性が、それでもダイエットをしたい場合は、
ダイエットサプリメントが助けになります。

ただし、ダイエットサプリが、上のどの方法をサポートするのかを
きちんと見極めて活用しないと効果が出ないので注意しましょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP